朝日ライフサイエンス株式会社

製品情報

低温保存機器

現在、超低温槽の代名詞となっている、Revco™ブランドの歴史は1938年にさかのぼります。
1938年、Refrigerated Equipment Vending Company社は航空業界向けに初めて-40℃のフリーザーを製造しました。1940年代に入り、ライフサイエンスやその他研究施設からのニーズに応えるために超低温のフリーザを開発しました。以来、弊社は輸入総代理店として1台1台を入荷検査し、国内のお客様が求める高い品質を追求し、お客様にご安心いただけるサービス対応を心がけてまいりました。
凍結保存のスペシャリストとして、試料の種類や管理方法に応じた製品と各種サービス(保守点検、バリデーション、リース契約、サンプル管理ソフトなど)をご提案いたします。

RLEシリーズ

RLEシリーズ −86℃ 縦型 ノンフロン

ハイドロカーボン(HC)自然冷媒を用い高効率冷却機能を実現! ノンフロン冷媒を採用し、フロン排出抑制法の点検・管理非該当製品です。ノンフロン冷媒専用に開発された冷凍機と真空断熱パネル/高密度水発砲ウレタンフォームによる保温性の向上により、消費電力と放熱量を削減し、冷凍機能の特性がさらに向上しました。

●カタログPDF

EXFシリーズ・ダブルドアシリーズ・DXFシリーズ

EXFシリーズ −86℃ 縦型

高い信頼性とコストパフォーマンスに優れた新設計のRevco™超低温槽です。

ダブルドアシリーズ −86℃ 縦型

ドア開閉時の庫内温度影響を最小限に抑えるダブルドアタイプの超低温槽です。

DXF シリーズ - 40℃ 縦型

高い信頼性とコストパフォーマンスに優れた新設計のRevco™縦型フリーザです。

超低温槽-140℃&-150℃・CXFシリーズ-80℃&-40℃

超低温槽-140℃&-150℃

組織・細胞にとって安定した凍結保存温度(ガラス化温度)での細胞の長期保存に適しています。

CXFシリーズ-80℃&-40℃

高い信頼性とコストパフォーマンスに優れたRevco™の横型超低温槽です。

貯蔵ケース・ラック一覧

Revco™ 超低温槽/フリーザ(縦型)RLE/EXF/DXFシリーズ 貯蔵ケース・ラック
Revco™ 超低温槽/フリーザ(横型)CXF/ULTシリーズ 貯蔵ケース・ラック

凍結サンプル保存システム、シール・グローブ・チューブ

凍結保存システム

1938年に超低温槽を開発した世界のRevco™、日本で超低温保存のパイオニアとして40年以上Revco™の販売とサービスに従事してきた朝日ライフサイエンスが提案する凍結保存システムです。

マイクライオ ドット&ストリップシール

-196℃の低温用途で使用できるようにデザインされた新しいラベルシリーズです。

超低温グローブ

幅広いレンジのこのグローブは超低温(-160℃)や高温(+148℃)の温度から、あなたの手や腕を凍害、火傷から守ります。軽量で作業性が高く、長時間の使用でも快適性を維持します。

5㎖プレップチューブ

多目的な前処理に使える5㎖チューブです。

ALSフリーザ

総合カタログをご覧ください。

●総合カタログPDF