朝日ライフサイエンス株式会社

製品情報

コントロールレート
凍結融解ユニット

大容量の急速凍結および融解に適したデザイン!確かな温度制御で、製造コストの削減を実現!

Farrar Scientific社製コントロールレート凍結融解ユニットは、使い捨て容器、ポリカーボネート/ポリプロピレン容器、およびPCMなどの様々な容器に収容された温度感受性製品の均一で大容量の凍結融解を可能にします。

●カタログPDF

●http://www.farrarscientific.com/products/(外部リンク)

Farrar Scientific Model 4002/4102

RLE60086D

温度制御範囲:-80℃~+40℃

凍結融解プロセスを日・週単位から時間単位に

アップリケーション

-凍結保存のための大容量・高速処理
-“シングルユースシステム”対応のコントロールレート凍結融解
-エアブラスト凍結(急速冷凍)
-PCM(相変化材料)検証
-温度衝撃試験(サーマルショック試験)

コントロールレート凍結融解ユニットの特長
  • ■急速大容量の凍結融解プロセスを時間単位で実行
  • ■均一な再現性は、品質管理プロセスを改善
  • ■強制エアーフローにより、流体中心部温度は、環境温度から設定温度への迅速なプルダウンを提供
  • ■設定温度プロトコルを実行するための適切な温度制御
  • ■低温へのプルダウン速度は、混合溶液の過冷却帯を上回る
  • ■独自の要求条件を設定する、プログラムプロファイル

凍結能力:Model4002/4102 vs 標準超低温槽、50L負荷

凍結能力:Model4002/4102 vs 標準超低温槽、50L負荷

融解能力:Model4002/4102 vs 自然解凍

融解能力:Model4002/4102 vs 自然解凍

制御システム-凍結/融解

  • ■プログラムコントローラにより、温度設定値、
    プルダウン、滞留時間、ランプアップおよび
    ホールド温度を設定
  • ■コントローラは、プログラミングポートより
    3種のプロファイルを登録
  • ■プローブポートにより外部モニタリングが可能
  • ■コントロールパネルライトはシステムの状態表示

冷凍/エアーフローシステム

  • ■高性能冷凍システムは、高い放熱除去率を提供し、最小消費電力で迅速な冷却を実現
  • ■差圧ファンによるエアーフローシステムは、1秒間毎にチャンバー内のエアーを交換し、エネルギー除去の効率を最大化

Model 4002/4102仕様表

  Model 4002 Model 4102
温度設定範囲 +40℃~-80℃
電源 200V3相 50/60Hz(40A)
冷却方式 空冷(放熱量11Kw) 水冷(放熱量0.8Kw) 平均冷却水量3.8~15L/min
槽内容量 578L
棚数 棚2枚(棚耐荷重70kg/追加棚オプション)
外形寸法 W175cmxD85cmxH196cm(下部キャスター、上部モーター含む)
槽内寸法 W86cmxD63cmxH109cm
重量 451kg(無負荷時)
接地面積 1.48㎡
価格 お問合せください